pandocでMarkdownをhtmlに変換する

僕は文章をMarkdownで書く。 Markdownであれば記号を見ただけでHTMLに変換された姿が脳内変換できる程度にはなったが、やはりHTMLファイルをブラウザ上で確認したい欲求も出てくる。

そこで都合よくMarkdown→HTMLの変換ができるツールを探していたところ、こちらで「pandoc」が紹介されていたので使ってみた。

pandocはHTMLに限らずMarkdown文章をいろいろなフォーマットに変換してくれるツールのよう。 Macであればbrewで簡単にインストールできる。

$ brew install pandoc

cui上で元となるMardown文章と出力形式を選択するだけで良い。 fオプションが元になるファイルのフォーマット、tオプションが変換先のフォーマット。 pandocはそのままだと標準出力に結果を吐くので、以下の例ではsample.htmlというファイルに格納している。

$ pandoc -f markdown -t html sample.md > sample.html

タグもちゃんとMarkdownの通りになる。 これでただマークダウンを書くだけではなく変換してブラウザから確認できるので、仕事が捗りそうだ。

なお、例として次のようなMarkdown文章を変換してみた。 これが、

# This is pandoc sample

## This is h2 label

* li1
* li2

1. number1
1. number2

This is  **pandoc sample**.

こうなります。

<h1 id="this-is-pandoc-sample">This is pandoc sample</h1>
<h2 id="this-is-h2-label">This is h2 label</h2>
<ul>
<li>li1</li>
<li>li2</li>
</ul>
<ol style="list-style-type: decimal">
<li>number1</li>
<li>number2</li>
</ol>
<p>This is <strong>pandoc sample</strong>.</p>